【FXの優位性?】長期投資と短期トレードの違いを理解しましょう【株式投資の優位性?】

トレーダーのつぶやき

「長期投資は堅実」
「短期トレードはギャンブル」

正しく投資教育されていない日本人の多くには、こういった間違った認識がひとり歩きしています。

 

短期トレードって損するって聞くぞ
これはギャンブルだろ?

「FX=損」はレバレッジ管理の問題。

短期トレードだって優位性はあるんだよ

長期投資には長期投資の、短期トレードには短期トレードの優位性が、それぞれに存在します。これを知らず、片方だけを語るのは良くありません。

【この記事を読むと】
・トレード(長期/短期)の優位性が知れる
・あなたに合った資産運用方法が知れる

短期トレードの知識は、もちろん長期投資にも応用できます!

ひとつの見方しかできない人は投資での失敗は避けられません。双方の優位性を理解しておきましょう。

長期投資と短期トレードの優位性の差は?

みなさんはなぜ、投資に関心がありますか?

その答えは、きっと「お金が増えるから」でしょう。

では、なぜお金が増えるのか?

それを確認していきますね。

長期投資の優位性

株式などによる長期投資は「r>g」の優位性があります。

【r>gとは】
資本によって得られる富は、労働によって得られる富よりも成長速度がはやいことを意味する。つまり、労働者よりも資産家の方がお金持ちになりやすい、ということ。
r=資本収益率
g=経済成長率
一生懸命に働き続けるよりも、株式などに長期投資している方が資産がはやく成長するから、みんな投資をしているわけですね。
  • 配当(株式)
  • 金利(債券)
  • 賃料(不動産)

資産を保有していれば、労働とは別の収入を得ることもできます。

短期トレードの優位性

短期トレードは統計によって、優位性を計算ことができます。

どういうことか…

相場は過去何度も似た動きを繰り返していて、膨大な過去の情報から「期待値」を計算することができるんです!

【なぜ似た動きを繰り返すか?】
相場を動かしているのは「人間」だからです。企業業績でも要人発言でもありません。人間の「欲」や「不安」はいつの時代も変わりません。※いればの持論
過去の値動きを見ていれば、売買ルールができます。
  • 勝率
  • 収益と損失の割合
  • 損益分岐点
  • 手法の得意相場

さまざまな統計をとれば、将来的にも収益が見込める売買ルールかどうかがわかりますね。

あなたに合った資産運用の方法は?

低金利政策である現状を踏まえると、銀行預金だけで資産運用するにはリターンに魅力がありません。資産運用の方法を3つを例に紹介します。

株式等の長期保有

東証一部上場企業の株式であれば、配当金による平均利回り:2.41%(2020年3月時点)とされ、銀行預金と比べると魅力のある利回りです。

つみたてNISAやiDeCoのような税制優遇のある商品も誕生し、投資初心者の方にも人気が高く、資産形成に組み込んでいる方が増えています。

将来的には売却して現金化するのが一般的ですが、元本が保証されるものではありません。時価が下がっている可能性があることは考慮して運用しましょう。

不動産投資

優良な不動産さえ手に入れられれば、安定的な家賃収入が見込まれます。

公務員であれば銀行からの融資も受けやすく、また副業としての許可が不要です(一戸建ては5棟、アパートは10室、年間家賃収入が500万円まで)。

そうはいっても「優良な不動産さえ手に入れられれば」ってのが難しいもので、基本的には相続によって土地取得した方にしか、おすすめはできないかなと。

デメリットは不動産そのものがなくなるリスクが存在すること。多少のコストを払っても、地震や火災には備えるべきです。

FX(外国為替証拠金取引)

レバレッジによりハイリスク・ハイリターンの資産運用が可能な商品です。現物株式や不動産のように長期保有せず、短期売買で利益を積み上げるのが一般的なやり方ですね。

インターネットが普及する前は、リアルタイムチャートなんて個人は見れるはずもなく、大手金融機関だけの特権でした。しかし今はプラットフォームが充実し、個人でも短期トレードで稼ぐことができる時代です。

他の資産運用にはない「損からお金を守る」というスキルが必要な運用方法です。参入するハードルが高く、投資の勉強に時間をかけられない方にはおすすめできません。

最後に

長期投資の良さは、将来に利益確定した時に、たった1度儲かっていれば成功であること。

短期トレードの良さは、何度か損をしても、それを繰り返して最終的に儲かっていれば成功であること。

どちらかを知らないままに否定するのは、とても勿体ないことですよ。

将来に相場がどうなっているかなんて、誰にもわかりません。

だからどちらが優れているということはなく、あなたにとって後悔のない選択をするのが一番です。

この記事がみなさんの役に立つと嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。