【相場の理論】ダウ理論をトレードで活用する【いれば式】

トレード手法

ダウ理論をトレードで活用する方法について、お話します。

ダウ理論は投資をする人にも、FXをする人にも必ず覚えておいて欲しい、相場理論です。19世紀末にチャールズ・ダウが提唱しており、全てのテクニカル分析の基礎として、多くのトレーダーに支持されています。これを理解することで、株式をはじめ、為替や仮想通貨などあらゆる相場を分析するための基本的な考え方が身に付きますよ。

ここではダウ理論の6つの基本原則と、トレードでの活用方法を紹介します。

6つの基本原則

1.価格はすべての事象を織り込む

ファンダメンタル分析って聞いたことありますか?経済指標や金融政策、企業決算などから相場を予想する分析方法のことなんですが、「それは一切関係ない」と言っています。現在の株価や為替レートはこれらすべてが既に反映された価格だという考えが前提だということです。

2.トレンドは短期・中期・長期に分類される

  1. 短期トレンド:1ヶ月未満
  2. 中期トレンド:数ヶ月程度
  3. 長期トレンド:1年~数年間

数年規模で価格が上昇しているとしても、数ヶ月や数日規模では下落することがあります。長期が上昇トレンド推進でも、中期や短期はその逆(調整)に向かう局面が存在するということです。

3.トレンドは3段階で形成される

  1. 先行期
  2. 追随期
  3. 利食期

相場の底値で大口投資家が「買い集め」し、これに反応した他の投資家が「追随」し大きく上昇、最後にバブル状態となり「売り抜け」をすることで、トレンドが終焉していきます。

4.価格は相互に確認される必要がある

例えば、ダウ工業平均が上昇トレンドを終えたように見えても、鉄鋼銘柄平均が上昇トレンド中であれば、まだダウ工業平均も上昇トレンド中の可能性がある、ということです。つまり、相関性を考慮する必要があると言っています。

5.トレンドは出来高でも確認される必要がある

売買代金が伴わない価格の上下には、意味がありません。

6.トレンドは明確な転換シグナルがあるまで継続する

上昇トレンドでは高値と安値を切り上げながら上昇し、下降トレンドでは高値と安値を切り下げながら下落します。この条件が明確に崩れない限り、トレンドは継続していきます。

トレンドの確認方法

ダウ理論をトレードに活かす上で、上記法則の「6.トレンドは明確な転換シグナルがあるまで継続する」が最も重要で実用的です。

もし「買い」をしたいのなら、上昇トレンド中にトレードするべきです。なぜなら、下降トレンド中であればその明確な転換シグナルがあるまで下落し続け、損失を出してしまいますから。これを理解するのとしないのとでは、投資結果に大きな差が出ます。

では、どうやって今が上昇トレンド下降トレンドかを判断するのか説明しますね。

 

上昇トレンドでは高値と安値を切り上げながら上昇していきます。このように高値と安値の切り上げが続いている状況では「上昇トレンドが継続している」と判断します。(下降トレンドも同様)

 

次に、「明確な転換シグナル」とは何かを説明していきます。

高値①と安値①、高値②と安値②を切り上げているため上昇トレンド中です。しかし、高値③の切り上げに高値④と安値③で失敗しています。さらに、安値④で安値②を抜けて切り下げたことによって、トレンド転換したと判断できます。(下降トレンドも同様)

トレードへの活用方法

では、いよいよトレードへの応用です。

先ほど解説したとおり、「高値を切り上げれば上昇トレンドとだと判断でき、それは安値を切り下げない限り継続する」というのがダウ理論に基づく目線です。

つまり、高値①を切り上げた価格が「買いエントリー」のポイントで、安値②を切り下げた価格が「損切」のポイントだと言えます。

とてもシンプルですよね?ただ、これだけで投資やFXで成功できるかというと、そんなに甘いものではありません。では、どうすれば良いかというと、マルチタイムフレーム分析(複数の時間軸を考慮すること)と併せて活用することをおすすめします。

 

ここで、ダウ理論の法則「2.トレンドは短期・中期・長期に分類される」に戻りましょう。

長期トレンドに対して、中期トレンドが上昇トレンドになったたり、トレンド転換したりを繰り返します。またその中期トレンドに対して短期トレンドも、同じような動きをするんですよ。

米国株を例にすると、10年規模(長期)の上昇トレンド中にいます。しかし、ずっと株価が上がり続けているわけではなく、2015年、2018年、2020年に数ヶ月規模(中期)の下落トレンドがあり、また数日規模(短期)でも上下していました。これが、「トレンドは短期・中期・長期に分類される」ということです。

 

これをトレードに応用することができます。

先ほどの画像を拡大したものです。長期トレンドが上昇中なのであれば、中期トレンドも上昇中かどうかを確認します。そして短期トレンドが下落から上昇へ転換したポイント、つまり、長期・中期・短期の3つのトレンドが全て上昇トレンドであるときが、大きく上昇する可能性が高いことが言えます。

逆に、長期・中期が上昇トレンド中にもかからわらず、短期が下降トレンドになったからと言って「売り」をしてしまうと、その下落は長くは続かず、いずれ上昇に巻き込まれて損失を抱える可能性が高いため注意です。

 

最後に

ダウ理論は投資家の多くに支持され、本気でトレードをするのなら必ず知っておくべき理論です。シンプルかつ応用しやすいため、私もこれなしではトレードできません。ただし、ダウ理論はあくまで方向性の確認で使うことが多いです。

あと、FXで活用する場合には、3つのトレンドを1週間規模(長期)・1日規模(中期)・数時間規模(短期)のように、アレンジするのもありですよ。

今回は基礎から応用まで紹介しました。ご自身でも試してみてください。

 

 

この記事がみなさまにとって役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。