【相場の理論】エリオット波動理論をトレードで活用する【いれば式】

トレード手法

エリオット波動理論をトレードで活用する方法について、お話します。

エリオット波動理論とは、トレンド方向に推進波が5波動、修正波が3波動で動くというテクニカル理論です。※トレンド方向がわからない方は、ダウ理論記事のトレンドの確認方法をご覧ください。

少々複雑な理論ですが、簡単に理解できるように「基本パターン」のみを抜粋して説明していきます。と言うのも、この理論が難しいと錯覚する原因は、複数ある全パターンをすべて覚えてしまおうとしてしまうからだと、私は考えています。

ここでは基本パターンとN波動、またトレードでの活用方法を紹介します。

基本パターン(インパルス)

エリオット波動にはいくつかパターンがありますが、これがインパルス(衝撃波)と呼ばれる代表的なパターンです。

トレンド方向に推進するときは1~5の波(5波動)で形成され、修正するときはa~cの波(3波動)で形成されます。

相場に置き換えたイメージ

  • 1波:大口投資家の「先行買い」
  • 2波:急な上昇に伴う「価格調整」
  • 3波:多くの投資家の「追随買い」
  • 4波:急な上昇に伴う「価格調整」
  • 5波:後発の投資家の「追随買い」
  • a波:大口投資家の「利益確定」
  • b波:後発投資家の「安値買い」
  • c波:後発投資家の「損切売り」

この5波動+3波動で1つのトレンドが終わり、また次のトレンドに移行していきます。

 

また、エリオット波動には、次のような3つの基本原則があります。

  • 2波は1波の始点を割り込まない
  • 1波、3波、5波の中で3波が一番小さくなることはない
  • 4波と1波は重ならない

つまり、下図は「エリオット波動ではない」ということです。例外や違うパターンがあるのが、この理論が難しいと錯覚されやすい要因。

こういう場合は無視して良いです。基本パターンであるインパルス(衝撃波)だけでも、十分に相場で戦えます。このまま先に進めますね。

N波動(修正波動=ジグザグ)

基本パターンであるインパルスの、修正3波動を抜き出したものです。このa~c波をN波動といい、とても重要な1つの特徴があります。

N波動はシンプルですよね。a波とc波は同じ大きさ(もしくは1.618倍)になりやすい。
ちなみに、1:1.618とは黄金比率のことで、自然界の法則とも呼ばれます。不思議ですよね。

トレードへの活用方法

トレードへの導入の前に、もう少し説明。エリオット波動は短期・中期・長期トレンドがあり、フラクタル構造(一部分がその全体と似た構造)となっています。

長期トレンドの1~2波の中に、中期トレンドの1~5波+a~c波があり、またその中に短期トレンドの5波+3波がいくつも存在しています。

 

これを踏まえて、トレードで狙うべきポイントは次のとおり。

  • 2波の中のN波動「買い」
    2波は1波の始点を割り込まない+N波動は1:1→押し目買いのチャンス
  • 3波が1波を超えた直後「買い」
    3波が一番小さくなることはない+ダウ理論の上昇トレンド継続 → 買い
  • 4波の下限の「買い」
    4波と1波は重ならない→4波は押し目買いのチャンス
  • B波の「売り」
    修正派→高値更新をしない→b波は戻り売りのチャンス

エリオット波動の良い点は、損切位置も決めやすいことです。

逆に損切になるということは、分析を間違えたと反省すれば、それで問題なしです。

使いにくいところは、1波だと仮定した波は、2波があり、3波が起こるまでは、1波だと確定しないところ。つまり、仮定をもとに未来予測をするという、実は明確さに欠ける理論だという点です。

最後に

エリオット波動は身に付ければ、「未来予測を可能にする」と言っても過言ではないほど素晴らしい理論です。

しかし、その一方でこの難解さに挫折する投資家も多くいます。かくいう私も、完璧に理解するには至っておらず、わかるところしか、トレードには活かせていません。

ですが、それで充分。わかることろだけ自信を持ってトレードし、わからないチャートは無視していれば良いのです。

今回は代表的なパターンと、その活用方法を紹介しました。ぜひ、ご自身でも試してみてください。

 

この記事がみなさまの役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。