【FXのはじめかた】初心者におすすめのFX業者は?口座開設やトレード手順をやさしく解説!【公務員トレーダー】

トレード知識

公務員の副業として注目を集めるFX。

金融商品ですから、職場への許可申請の必要がなく、誰もが堂々と取り組むことができます。

FXをはじめたいんだけど

どこで口座をつくればいいんだ?

FXをはじめたい!って方に向けて

口座開設から取引の方法までを教えるよ

FXをゼロからはじめられるように、ひとつの記事にまとめました!

初心者の方が「口座開設」から「売買注文」まで、できるようになる内容にしています。

【この記事を読むと】
・FXのおすすめ業者わかる
・口座開設の手順がわかる
・売買の注文方法がわかる
【この記事の信憑性】
・筆者は現役のFXトレーダー(FX歴3年以上)
・筆者は元銀行員(6年半)で資産運用担当

ツイートしながら、1万円→50万円を達成しました!

【チャレンジ達成の記事はこちら】

お金を入金しなくても、無料でトレードができるお得な方法もお伝えします!

FXをはじめたいけど、何からはじめたらいいかわからない方は、ぜひご覧ください。

あなたに最適なFX業者の選び方

FX業者ってどこがいいの?

おすすめのFX業者は?と聞かれると困るんです。
なぜなら国内だけでも50社近くある…しかも海外業者も魅力的。

そこで最低限チェックすべき項目に絞って、選ぶことをおすすめします!

FX業者を選ぶときの5つのチェック項目
・スプレッド(取引コスト)はどうか?
・金融機関として信用力はあるか?
・透明性と約定力はどうか?
・レバレッジは何倍まで可能か?
・サポートは充実しているか?

どれも欠かせない大切な要素ですが、どれも優れている業者はありません

ですからあなたにとって、最適な業者を選択する必要があります。

「国内業者」か「海外業者」か

FX業者選びの大きな分かれ道は

  • 国内FX業者
  • 海外FX業者

どちらを選ぶかです。

【国内FX業者の例】
・SBI FXトレード
・楽天FX
・みんなのFX
【海外FX業者の例】
・XMトレーディング
・Axiory
・TradersTrust
はっきりいって、国内業者の中であればどれでも大きくは変わりませんし、海外業者も同様に業者よった違いは大きくありません。
つまり、国内か海外かが大きな分かれ道というわけです。

国内業者の特徴

  • スプレッド(売買コスト)が低水準
    売買コストが安いのは、トレーダーにとって最大のメリット!通貨によってはほぼ無料で提供している業者もあり、気にしないわけにはいきません。取引回数が多いトレーダーなら、選択材料にするべきです。
  • 最大レバレッジ25倍
    国内業者は法令上の規制があるため25倍が最大なんです。ちょっと物足りない…と思うかもしれません。ですが、レバレッジが高くなるほど、資産を削るスピードも早まります。スキルに自信がないのなら25倍でも充分でしょう。
  • 金融庁への登録業者
    国内金融機関としての厳しい審査を受けているため、トラブルは少なく、安心感があります。長く付き合う取引業者であれば、信頼性は大切にしたいものです。

海外業者の特徴

  • スプレッド(売買コスト)が高水準
    売買コストは正当な水準ですが、企業努力を重ねた国内業者と比較すると、高いのが気になります。理由はきちんと売買注文を市場につなげているからで、透明性が高いことの裏返しでもあります(NDD方式)。
  • 最大レバレッジに制限なし
    国内の規制外の業者であるため、レバレッジに上限がありません少額資金でも大きな利益が狙いたいのなら、選択材料にするべきです。ただし、100万円を超えるような運用はレバレッジ調整があるケースもあり要注意。

  • 金融庁への無登録業者
    海外には悪い噂のある業者があります。出金拒否などのトラブルを何度も発生させている上、日本語のサポートもないような…もしも海外業者に興味があるなら、各国のライセンスを取得した業者を選ぶべきです。

国内?海外?どちらにすべきか

結論、あなたに最適な方を選んでください。

下記を判断基準にしても良いです。

  1. 一日に何度もトレードをする→スプレッドの安い国内業者がおすすめ
  2. 万が一のトラブルに備えたい→金融庁登録のある国内業者がおすすめ
  3. 少額で大きな利益を狙いたい→レバレッジの高い海外業者がおすすめ
  4. 透明性のあるトレードがしたい→NDD方式の海外業者がおすすめ

それでも決まらないかたは

  • SBI FXトレード(国内)
  • XMトレーディング(海外)

のどちらかで良いでしょう。

SBI/XMどちらも
私が使っている業者です。

【SBI FXトレードの特徴】
・スプレッド業界最狭水準
・SBIホールディングスの子会社
・金融庁登録&信託保全制度採用FX業者の中でもトップクラスに安心して取引できる業者です。

XMトレーディングの公式サイトへ

【XMトレーディングの特徴】
・人気NO.1の海外業者
・レバレッジ最大888倍
・各国のライセンス取得業者
・初回口座開設ボーナス:3,000円分
・友達からの招待ボーナス:2,000円分

初心者は無料ボーナスのあるXMがおすすめ

FXで初めから成功する人はめったにいません。一度はお金を失うことを前提にトレードをはじめてください。そのため、自己資金を抑えてトレードできる業者をおすすめしています。

そこで「入金不要!無料ではじめられる!」という意味において、利用すべきなのがXM!

【初回無料】口座開設だけで3,000円+αのボーナス

はじめて口座開設をした人に無料で3,000円のクレジットが付与されます。

自己資金を一切入金する必要もなく、完全無料リスクゼロでトレードができます

さらに【友達からの紹介】で
3,000円+2,000円(紹介特典)=5,000円分を獲得!

私でよければ紹介します
Twitterなどで連絡ください。
※ブログでアフィはしません

【追加入金もお得】入金額に応じた100%ボーナス

口座へ入金する時にクレジットが付与されます。

50,000円までの入金に対するボーナスは100%!

つまり50,000円(入金)+50,000円(クレジット)=100,000円の有効証拠金をゲット!

さらに50,000万円を超える入金に対しては、上限450,000円を超えるまで20%のクレジットが付与され続けるんです!

そして嬉しいのは、このボーナスは定期的にリセットさて、再利用できるようになること!!

取引に応じたポイント還元

ロイヤリティプログラムがあり、取引するたびにポイントがもらえます。

  • 現金に変換して出金
  • クレジットに交換してトレード

上記の方法でポイントを活用ですます。

しかも、ロイヤリティステータス(取引継続日数)に応じて獲得ポイントがアップ!

【1Lotあたりの獲得ポイント】
・EXECUTIVE(1ヶ月未満)⇒10ポイント
・GOLD(30日以上)⇒13ポイント
・DIAMOND(60日以上)⇒16ポイント
・ELITE(100日以上)⇒20ポイント
継続して利用するほどポイントが貯まりやすくなるため、はやく口座開設をする方がお得です。

さっそく口座開設をする(XMの場合)

口座開設の流れはどこの業者も似たようなもの。必要事項を入力し、必要書類の写真を送信すれば、ネットで手続きは完了です!

ここではXMを例に口座開設の手順を説明します。

口座開設をする

【XMの公式サイトから口座開設】

口座開設の手順1~9

  1. 公式サイトへ移動

    「口座を開設する」をクリック
  2. 個人情報の入力

    名前はアルファベット入力
    電話番号は「最初の0」よりあとの数字を「+81」の後ろに入力
  3. 取引口座詳細を入力

    【プラットフォーム】
    MT4(旧バージョン):根強く利用者は多い
    MT5(新バージョン):あまり定着していない←私はこれ【口座タイプ】
    マイクロ口座:ミニマムなトレードがしたい人
    スタンダード口座:どんな人にもおすすめ←私はこれ
    ZERO口座:スキャルピングなど頻繁にトレードする人
  4. もう一度個人情報を入力

    名前は全角カタカナ入力
  5. 住所詳細

    アルファベット入力
    不安な人は変換ツール(君に届け!)がおすすめ
  6. 取引口座詳細

    基本通貨:日本人なら「JPY」の一択
    レバレッジ:あとで変更できるので「1:888」を選択
    口座ボーナス:「はい」を選択しないとボーナス受取できない
  7. 投資家情報

    正直に入力すればOK
    ただし、投資額(USD)が大きいとレバレッジ制限の可能性あり
  8. 口座パスワード

    アルファベットの大文字・小文字・数字で8~15文字
  9. 確認メールを受信
    メールのとおりに「こちら」か「Eメールアドレスをご確認下さい。」をクリックすると、リアル口座の開設は完了!

口座を有効化する手順1~2

ログインしてみてください。
まだ「お客様の口座は有効化されていません」と表示されいるはずです。追加情報を入力して有効化させましょう!
  1. 追加情報の入力

    マイナンバーについて
    国内業者では必須であるが、海外業者はどちらでもいい
    「はい」を選択→書類をアップロード
  2. 身分証明書と住所確認書のアップロード

    【身分証明書】
    ・運転免許証などの公的な身分証明書【住所確認書】
    ・公共料金(電気・水道など)の請求書
    ・6ヶ月以内に発行された住民票
    ・2点目の公的な身分証明書でもよい

追加口座もおすすめ

複数の口座って

メリットあるのかよ?

すごく便利だよ
追加書類もいらないから簡単♪

  • トレード専用口座と別口座でわける
  • レバレッジ別に口座をわける
  • 取引通貨別に口座をわける

複数の口座をもつと使い分けができて便利です。

  1. 「追加口座を開設する」を選択

  2. 「確認」にチェック
    「リアル口座開設」をクリック

これで追加口座登録が完了です!

スマホアプリを使った注文方法

ここではMT5(世界基準のプラットフォーム)を例に、スマホアプリを使ったトレード操作について解説します。ダウンロードはXMのホームページからでも可能です。

基本的な売買注文

シンプルな注文方法から。

1.下にある「トレード」ボタンをタップ
2.右上にある「+」ボタンをタップ
3.左上に「成行注文」の表示を確認
4.ロット数(取引通貨量)を入力
5.「成行売り」「成行買い」をタップ
6.注文完了
トレードボタンをタップして↑
+ボタンをタップして↑
取引ロットを決めて売買エントリー↑

便利な売買注文

成行注文のほかにもいろんな注文方法があります。

Buy(Sell) Limit
Buy(Sell) Stop
Buy(Sell) Stop Limit
リミット・オーダー(Limit)は指値注文のことで、ストップ・オーダー(Stop)は逆指値注文のことです。売買のエントリー価格をあらかじめ設定しておくことができ、指定した価格になったときに自動的にエントリーしてくれます!
  • Buy Limit/Buy Stop
    Buy Limitは指定した価格まで下落したら買いエントリー、Buy Stopは指定した価格まで上昇したら買いエントリー。つまり下がったとき(有利)に買いたければBuy Limit、上がったとき(不利)に買いたければBuy Stopです。
    Buy Limitは逆張り、Buy Stopは順張りのエントリー方法と覚えましょう!
  • Sell Limit/Sell Stop
    Sell Limitは指定した価格まで上昇したら売りエントリー、Sell Stopは指定した価格まで下落したら売りエントリー。つまり上がったとき(有利)に売りたければSell Limit、下がったとき(不利)に売りたければSell Stopです。
    Sell Limitは逆張り、Sell Stopは順張りのエントリー方法と覚えましょう!

ストップロスとテイクプロフィットを活用しよう!
ストップロス:エントリーと同時に損切価格が設定できる
テイクプロフィット:エントリーと同時に決済価格が設定ができるじーっと画面をみていなくても、自動で損切と利益確定をしてくれますよ♪

お金の入出金方法

入金方法は大きくわけて銀行送金(振込)、クレジット決済、オンラインウオレットの3種類。ほとんどのFX業者がいずれかの方法で入金できます。

ここではXMを例に入金方法を説明しますね。

・国内銀行送金
・クレジットカード/デビットカード
・Bitwallet(ビットウォレット)
・STICPAY(スティックペイ)
・BXONE(ビーエックスワン)
「オンラインウオレット」はあまり馴染みがないかもしれません。4種の法定通貨(日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル)で送金でき、手数料も格安!XMならリアルタイムで入金反映しますし、入金手数料無料のためすごく便利です。ただし事前登録が必要で、まだFXに不慣れな方には心理的ハードルが高いので、今回は紹介しません。

国内銀行送金(振込)

入金方法として、銀行振込が一番馴染みがあるのではないでしょうか。

XMのマイページ上に入金口座が指定されています。営業時間中に銀行振込をすれば、おおよそ1時間程度で反映されます。意外とはやいですよ!

ここで注意したいのが、振込名義人欄には氏名FXの口座番号の入力が必要なこと!忘れて送金すると確認に時間がかかることがあります。

ちなみに、1万円以上の入金はなんと振込手数料をXM側が負担してくれます!つまり振込手数料ゼロ!1万円未満の場合は980円かかりますのでご注意を。

【入金口座に反映されない場合】
XMサポートデスクに問い合わせましょう。
日本語でも対応してくれますよ!

クレジットカード

VISA/JCBのクレジットカード、デビットカードも利用できます。入金手数料リアルタイムで口座に反映されます。

手軽に使える入金手段ですが、出金ルールに注意しましょう。

【出金ルール】
マネーロンダリングの観点から、出金するときには入金時と同じ方法である必要があります。クレジットカード入金をした金額はクレジットカードで出金し、利益分は国内銀行送金で出金をしなければなりません。つまり利益が出た場合は、2つの手段で出金をする必要があります。
なお、楽天カードはXMでの決済を認めない場合があります(経験談)。
結論:初心者の方には国内銀行送金がおすすめです。1万円以上の場合に入金手数料はかかりませんし、口座反映もはやく、出金時もわかりやすいですよ!

【初心者向け】デモ口座で練習をしましょう

ここまで

  • 口座開設の方法
  • 売買注文の方法
  • お金の入金方法

リアルトレードに向けたお話をしました。

が、いきなり実弾資金をトレードに投入するのではなく、デモ口座で取引をすることをおすすめします。なぜならトレードは練習によって上達するものであり、スキルが未熟なうちは資金を減らすことを覚悟した方が良いからです。

【XM公式サイトからデモ口座を開設する】

欲に掻き立てられて大きな資金を投入し、これを失っては後の祭り。デモ口座であればリアルトレードと同じチャートでトレードができます。お金を失うことなく練習を積めるわけですから、初心者の方がこれを活用しない手はありません。

【おまけ】私の失敗談

ここまで読んでくれた人が
私と同じ失敗をしませんように。

私がFXをはじめたのは銀行を退職した次の月でした。

トレード資金は…そう、退職金

いきなり大金をFX口座に入金し、ポチポチ。1日に何度も買ったり売ったりを繰り返していました。はじめは順調に増えましたよ。「センスあるじゃん!!」って思いました。

でもね…ある日、大きく値が走って含み損を抱えました。

今思えば、日足~週足レベルのレンジ相場からトレンドができただけのよくある現象。しかし、当時の私にはそれが理解できず、「いつかは戻るだろ」って膨れた損失ポジションを抱え続けました。

どうなったか?私の証拠金があるうちには元に戻りませんでした。戻ったのはさらに値が大きく進んで、数ヶ月も経ってからのこと。はやく損切すれば良かったんですよ。ただ、それができませんでした。

なぜか…初心者だったからです。損切をする心の痛みを感じたくなかった、それだけの理由です。

トレードにおいて感情は邪魔ものですよ。判断を大きく鈍らせ、遅らせます。逆にこれで生き残ることもありますが、それはそれで邪魔な結果となりかねません。正しく稼ぐ道を踏み外すきっかけになりますから。

トレードは「投機」です。価格の方向を予想するのは「投資」、欲や感情に支配されるのは「ギャンブル」です。この3つの違いを理解して、みなさんが投資家でもギャンブラーでもなく、トレーダーを目指されることを願います

この3つがゴチャゴチャになっているうちは、トレードは上達しませんよ!

本ブログには私が経験と知識をすべて詰め込んでいます。ぜひすべてを読んでいただき、みなさんの資産形成にお役立てください!これが私から世の中への恩返しです。

最後に

初心者の方向けに、FXのはじめかたを解説しました。

もう口座開設やトレードはできるはずです。

しかし、この記事でトレードをはじめたのなら、それは「稼ぐ」のはじまり、と同時に「失う」のはじまりであることを覚悟してください。いくら稼ごうとも、あなたが初心者である限りはお金を失うのは時間の問題です。これは私の失敗談で書いたとおり。

「失う」から「稼ぐ」に移行するためには、経験と知識の積み上げしかありません。そうして気付けば、脱初心者→中級者→上級者へとランクアップしていることでしょう。

みなさんがどうか「稼ぐ」を達成するまでFXから退場しませんように。

 

この記事がみなさまの役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。