【相場の法則】グランビルの法則をトレードで活用する【いれば式】

トレード手法

グランビルの法則をトレードで活用する方法について、お話します。

グランビルの法則は、「法則」という言葉のとおり、どんな相場にも当てはまる絶対的なルールであり、かつはっきりと明確でシンプルなのが特徴です。トレードでの活用方法も紹介していきますが、そもそもの考案者であるジョセフ・E・グランビル氏が移動平均線を用いて、「買いと売りの8パターン」を提唱してくださっています。

もちろんこれで充分ではありますが、せっかく読んでくださる皆様のために、私自身のトレード手法と併せて書いていきますね。

グランビルの法則とは

ひとことで言うと、「価格と移動平均線を用いた売買法則」です。
※移動平均線:ある一定期間の平均価格を結んで線グラフにしたもの

価格は同じ方向に永遠に突き進むのではなく、平均価格から乖離すれば、必ず値を戻す性質があります。

これは株式相場でも為替相場でも、スーパーの野菜の価格ですら当てはまる絶対ルールです。

「当たり前」と言えばそうなんですが、これを用いた売買サインを含めてグランビルの法則ですから侮れません。

買いと売りの8パターン

では、売買サインをみていきましょう。

買いのパターンと売りのパターンが4つずつ、計8つの売買サインがあります。

  1. 買い①:価格が平均価格を抜けた「新規買い」
  2. 買い②:価格が平均価格を割れた後に再上昇「押し安値買い」
  3. 買い③:価格が平均価格を割れずに再上昇「買い増し」
  4. 買い④:価格が平均価格を割れているが乖離が大きい「短期買い」
  1. 売り①:価格が平均価格を割れた「新規売り」
  2. 売り②:価格が平均価格を抜けた後に再下落「戻り高値売り」
  3. 売り③:価格が平均価格を抜けずにに再下落「売り増し」
  4. 売り④:価格が平均価格を抜けているが乖離が大きい「短期売り」

基本的には価格が移動平均線より上にあるときには買い目線、下にあるときには売り目線です。もしも逆張りをするのなら短期売買をするのが良いですよ。

トレードでの活用方法

グランビルの法則はトレードに必須と言っても過言でなく、少なくとも移動平均線を意識しているトレーダーはかなり多いです。

だからこそ様々な応用方法があります。移動平均線の反発を狙ったり、大きな乖離を狙ったり。

私の場合は短期・中期(・長期)など複数本の移動平均線を用いてトレードしています。
※見づらくなるため、長期トレンドの移動平均線は省略。

中期トレンドがその移動平均線に対して値動きをする中で、短期トレンドもその移動平均線に対して同様の動きをしています。

ここで確認して欲しいのは、中期トレンドが上昇中であれば、短期トレンドのグランビルの法則「売り①~④」は取引しづらいということ。

敢えて難しい売りを狙うことはせず、上位トレンドに対する逆張りは無視するのが良いでしょう。

では、どこを狙うのかは次のとおりです。

上位トレンドが上昇中であれば、短期・中期移動平均線のゴールデンクロスの条件のもと、買いの一択です。
※ゴールデンクロス:上位移動平均線を下位移動平均線が抜くこと

  1. 買いⅰ:中期買い②後の短期買い②で「押し安値買い」
  2. 買いⅱ:中期買い③後の短期買い②で「買い増し」

8つの売買パターンのうち、実践するのはこの2パターンのみ。取引チャンスは減りますが、その代わりに高リターンに期待でき、損切回数も減らすことができます。

なお、上位トレンドが下落中であれば、売りとなりますよ。

最後に

グランビルの法則は、私が愛用する移動平均線を用いた、実用的な理論です。

一方でどんな相場にも視覚的に当てはまってしまう理論のため、所謂「ダマし」が起こりやすいとも言われます。

そんなときは、ぜひ上位の移動平均線を確認してみてください。きっと見え方が変わるはずですよ。

今回は基礎知識から応用まで紹介しました。良かったらご自身でも試してみてください。

 

この記事がみなさまの役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。