【年末調整で損してない?】確定申告でへそくりをつくる方法

お金の知恵袋

確定申告でへそくりをつくる方法について、お話します。

所得税還付のための確定申告をしたことはありますか?
年間で払い過ぎた所得税を返してもらう手続きなんですが、まだ経験がない方には知っておいて欲しい内容です

「年末調整は毎年してるよ」って方へ。
所得税の還付は給与でされていますよね。
もし指定した口座に直接入金してくれるとしたら、嬉しくないですか?

我が家は給与口座は嫁に握られていますが、そこを通さずに、直接自分の隠し口座に入金しています…私はこれを「へそくりをつくる裏技」と呼んでいます。

確定申告で簡単にできるんですよ。
給与明細に載らないので、パートナーにバレる心配なしです!

そんな方法を紹介します。

年末調整とは

年末調整とは、給与所得にかかる所得税を、事業所を通して清算する手続きです。

所得税って毎月の給料から引かれていますよね?
あれって払い過ぎている人が多いんですよ。

それを控除追加などを踏まえて再計算して、年末の給与で過不足を調整し、払い過ぎた所得税を返してもらえます。

年末調整でできること

給与所得者にとってのほとんどの控除が、年末調整で処理可能です。

  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 障害者控除
  • 寡婦やひとり親控除
  • 配偶者控除や扶養控除
  • 基礎控除 など

年末調整でできないこと

次の控除を適用したい場合は、年末調整だけでは所得税の精算が完了しません。

  • 医療費控除
  • 寄附金控除(ふるさと納税のワンストップ特例制度を利用しない場合)
  • 雑損控除(災害や盗難など)
  • 住宅ローン控除(初年度の場合)

要約

収入が給与のみであれば、基本的には年末調整で処理ができます。

所得税の過不足調整は年末の給与で清算されますので、払い過ぎていた人は、12月の給与が少し増えるはずですよ。

確定申告とは

確定申告とは、営業所得・不動産所得・農業所得・一時所得・譲渡所得など、上記の年末調整では処理できない他の所得も合算して、自分で所得税を清算する手続きです。

年末調整で処理できない手続きは、確定申告ですべて対応可能です。既に徴収された所得税に不足があれば追加納付し、過払いがあれば指定口座に入金されます(郵便局窓口受け取りも一部可能)。

確定申告をすべき人

給与所得者に限った話をすれば、次の2つが挙げられます。

  • 給与所得以外の所得が20万円を超える人
  • 給与収入が2000万円を超える人

申告義務がある人たちです。
申告しないと後で税務調査を受け、追徴されますのでご注意を。

確定申告をした方が良い人

給与所得者に限った話をすれば、次の2つが挙げられます。

  • 途中で退職して再就職していない人
  • 年末調整で処理していない控除を適用したい人

この場合は所得税の過不足調整が完了していないため、還付される可能性が高く、確定申告をした方が良いと言えます。

へそくりをつくる裏技

この記事で伝えたい最大のポイントです。

前記のとおり、年末調整は所得税の調整を給与で清算されてしまうため、パートナーに口座を管理されていては、へそくりにはできません。

一方で確定申告であれば指定口座に入金することができます。
つまり、給与所得者でありながら、事業所での年末調整をせずに自分で確定申告をすれば良い、というだけの話。

ですが「年末調整をしない」という選択はできません。
なぜなら、事業所は従業員の年末調整を法的に行わなければならないからです。

これらを踏まえて、以下の手順でへそくりをつくります。

  1. 事業所から年末調整の案内がある
  2. わざと間違えて書類を提出する(扶養親族の記入忘れ、生命保険料控除の申告忘れなど)
  3. 控除が不十分なまま年末調整完了
  4. 確定申告で間違いを修正する
  5. 所得税還付が発生し口座へ入金
  6. へそくりGET!

ミスした内容で年末調整を行い、そのミスを確定申告で修正する。
たった、これだけです。

いれば
いれば

怪しまれないように、2万円分くらいは年末調整で還付させています。残りは全力で隠し口座へ。

最後に

タイトルを訂正しますが、年末調整をすることによって、金銭的に損をすることはないです。どちらで処理をするにしても、適用したい控除を網羅できてさえいれば、還付金額は全く変わりません。

給与として受け取るか、口座に入金してもらうかを選択できるという話でした。

簡単にできますので、試してみてください。