【トレードスタイル】いればのトレード手法について

トレード手法

いればのトレードについて、ざっくりとお話しします。

先に私のトレード実績ですが、1万円チャレンジで50万に増やしています。これはFXをはじめて1年半でのことでした。もちろん、公務員として働きながらの兼業トレードです。

トレードスタイル

・スキャルピング~デイトレード
理由はシンプルで、チャートを監視できる時間が限られているからです。メインは18時~23時で、もう少しポジションを伸ばしたいときだけ、翌日+αまで保有します。

取引通貨

  • EUR系(ロンドン市場~NY市場の時間帯)
  • USD系(NY市場)
  • AUD系(NY市場~東京市場)

メインの取引通貨は3種類だけです。ポジションを持つ時間帯によって使い分けています。FXは24時間取引可能ですが、通貨によって動く時間がある程度決まっているんですよ。

ツール

  • 過去を表す「移動平均線」
  • 現在を表す「ローソク足」
  • 未来を表す「フィボナッチ」

常時表示するインジケーターは移動平均線だけです。あとはトレンドラインを引いたり、ネックラインやサポートラインを引いたりですね。やはりそれも厳選して、画面はきれいにしています。

時間足

長期足あくまで環境認識、エントリーは「統計学」の活きる短期足です。
5~15分足でエントリー。1~4時間や日足で環境認識をします。

レバレッジ

1万円~100万円の資金規模であれば、レバレッジ888倍の一択です。

最後に

トレードにおける最大の敵は「迷い」。そしていればトレードのテーマは「限定」です。

  • 時間は18時~23時だけ
  • 通貨は3種類だけ
  • ツールは移動平均線だけ
  • レバレッジは888倍一択

勝つために選択肢を絞ること、私が大切にしている考え方です。

コメント