【稼ぐよりも大切】あなたを幸せにするお金の使い道

お金の知恵袋

「貯蓄ばかりで使い方がわからない…」
「消費なんて無駄!投資一択でしょう!」

お金の使い方に悩んだことはありませんか?

せっかく稼いだお金ですから、できるだけ有意義に使いたいですよね。

とにかく浪費ばかりでお金がない人がいる一方で、若いうちから貯蓄ばかりしている人もいます。また、金融リテラシーの高ければ、投資に充てる人もいるでしょう。

投資が大切だというのは、もう周知の事実だと思います。

今回は「消費」をテーマにした有意義なお金の使い方について考えてみました。

経験を買う

自分の経験値になるものにお金を使いましょう。
経験したことは誰にも奪われませんし、なくなりません。
これは言わば、生涯にわたりあなたの人生を豊かにする消費です。

レジャー

「かわいい子には旅をさせよ」ということわざがあるように、経験には大きな価値があります。教育によって知識を付けるのも大切ですが、経験に勝るものではありません。

本当に自分の力になるものは、経験からくる知識やスキルだけです。あなた自身で計画し、考え、実行したことはきっと将来の役に立ちます。

習い事

新たなスキル習得に挑むのも良いでしょう。習い事は趣味で得るスキルよりも、より専門的で高度なスキルが身に付きます。

特に「教わる」を経験すると、「教える」にも繋げやすいことも重要な要素です。もしかすると、将来はあなたが教える立場になるかもしれません。

時間を買う

時間を生み出すものにお金を使いましょう。
自由時間を増やして「楽」をするという意味ではありません。別のことに時間を充てるために時間を買うのです。

家電

料理・掃除・洗濯のような作業を自動化できます。1日1~2時間程度の時短でも、日々積み重ねれば大きな時間を確保できます。時間は誰しも有限ですからね。

朝と夜にそれぞれ1時間の自由時間が増えるとすれば、とても有意義ではないでしょうか。

アドバイザー

専門家の力を借りるのも有効な消費です。

例えば、税金の知識を自分ですべて網羅するのは難しく、そこに時間と労力を費やすのなら、税理士に相談する方が良いでしょう。間違えるリスクすらありますからね。

信頼を買う

人のためにお金を使いましょう。
見返りを求めるのは決して卑しい考えではありません。あなたが人にされて嬉しかったことを、今度は周りの人にしてあげれば良いです。

食事

何かで成功したときやあるいは悩んでいるときに、先輩にご飯を奢ってもらった経験はありませんか?きっとすごく嬉しくて、先輩のことが好きになったはずです。

それをあなたの後輩や友達にしてあげましょう。

プレゼント

あなたの大切な人にプレゼントをあげましょう。感謝を「カタチ」で表わすのは、とても大切なことです。

ただし貢ぐようになると、ただの浪費ですから注意が必要です。

最後に

お金は「稼ぐ」のと「使う」のがセットです。

お金以外のものに交換してはじめて、価値が生まれます。

せっかく稼いだお金ですから浪費せずに、あなたの人生を豊かにするために使いましょう。

そのために「経験」「時間」「信頼」を買うことを、強くおすすめします。

 

この記事がみなさまの役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。