【プロスペクト理論】投資で負ける原因を心理学で解説

トレーダーのつぶやき

「投資で含み損を抱えてばかり」
「なぜか自分が買った銘柄は儲からない」

そんな経験はありませんか?

この記事では、投資で利益を上げられない方に、行動心理学の観点から解決策をお伝えします!

原因はプロスペクト理論(行動心理学)で解明できるかもしれませんからね。

人は「損」を気にし過ぎなんです。

資産形成に一時の損はつきもので、そこに一喜一憂していては、良い投資結果は得られませんよ。

プロスペクト理論とは?

プロスペクト理論は行動心理学のひとつです。

この行動心理学により、人間は「合理的に行動する生き物」だと思われていました。しかし実はそうではなく、さまざまな心理状態によって「非合理的な行動を取る生き物」であると言われています。

投資において非効率・非合理とされる行動が確認されていて、これを解明したのがプロスペクト理論です。

人は損を避ける

人は損得を考えると、損を嫌うために「非合理な行動」をとってしまうのです。

【コイントスゲームの例】
あなたはコイントスゲームへの参加権があります。
・コインが表:100万円を得る
・コインが裏:50万円を失う
・参加しない:20万円を得る

ゲームに参加すれば、大金を得られるかもしれないし、お金を失うかもしれません。また参加しなければ、確実にお金を得ることができます。

選択肢は「参加する」か、「参加しない」かの2つ。
あなたはどうしますか?

このコイントスでは、多くの人が「参加しない(20万円を得る)」を選択します。
実は、これは非合理な選択なのです。
なぜなら、ゲームに参加する方が期待値が高いからです!
【参加する】
コインの表裏が出る確率は50%ずつです。
(100×0.5)+(-50×0.5)=25万円
【参加しない】
20×1.0=20万円
一度きりのゲームでは運次第かもしれません。
ですが、このゲームを100回繰り返した先に、最終的にはどちらが儲かっている可能性が高いでしょうか?
当然、参加した方ですよね。
このように、「目の前の利益を確保したい」「損を回避したい」という感情に従うと、非合理な選択をするのです。

人は損を取り返したくなる

今まさに損をしている人が、損を避けるときにも、「非合理な行動」をとります。

【コイントスゲームの例】
あなたには100万円の借金があります。
コイントスゲームへの参加権があります。
・コインが表:100万円を得る
・コインが裏:20万円を失う
・参加しない:50万円を得る

ゲームに参加すれば、借金返済できるかもしれませんし、さらに借金を負うかもしれません。また参加しなければ、確実に借金を半分にできます。

選択肢は「参加する」か、「参加しない」かの2つ。
あなたはどうしますか?

さっきと同様のコイントスですが、多くの人が「参加する(100万円を得るor20万円を失う)」を選択します。
もちろん、これも非合理な選択です。
理由はやっぱり、ゲームに参加しない方が期待値が高いからです!
【参加する】
コインの表裏が出る確率は50%ずつです。
(100×0.5)+(-20×0.5)=40万円
【参加しない】
50×1.0=50万円
これは単に「期待値の低い選択をした」というだけではありません。
損を抱えていると「リスクを負う行動をとる」ことがわかるんです!

投資における落とし穴

プロスペクト理論に基づいて、2つの非合理な選択を紹介しました。

ここからわかることは、次のとおり
・損を避けると「利益を確保したい」という思考になる
・損を取り戻そうとすると「リスクを覚悟する」という思考になる

これを投資に置き換えます。
・含み益がなくなる前に利益確定する
・含み損があると買い増しする

もっと端的に言えばこうです。
・利益を伸ばせない
・損を拡大させる

投資への強い感情があればあるほど、この傾向は高まります。
一生懸命にするほど、感情の落とし穴にはまり、資産運用の難易度が上がっていくのです。

儲かる投資との向き合い方

このプロスペクト理論を克服するのが一番です。
しかし、行動と感情は、そう簡単に切り離すことはできません。

ですから、「気楽に向き合う」というのが最も簡単で効率的だと考えます。

・頻繁に値動きを確認しない
・頻繁に売買をしない
・含み損に焦らない
・含み益に喜ばない

すなわち、初めから長期投資を前提に取り組むのが有効ですよ!

そういう意味で60歳まで引き出せないiDeCoは良い商品です。

デメリットは別記事で紹介しています
【参考】iDeCoをはじめる前に知るべきこと

最後に

投資をする上で、心理学の知識を身に付けるのはとても重要です。

人間の行動心理を知っているのと、知らないのとでは、投資結果に大きく影響がありますからね。

ちなみに、期待値の計算は、投資以外にも役に立ちます。

正確に算出できなくても、日頃から考える習慣が付いていると、「いざ」というときに、人よりも有利な選択ができます。

特に「不安」「焦り」など、人の感情が伴うときにはね。

 

この記事がみなさまの役に立てば嬉しいです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。