【考察】公務員にリストラはあるか?

公務員のつぶやき

公務員にリストラはあるか、について考察していきます。

言うまでもなく、身分が守られるという意味において「公務員は安泰」ですよね。

もちろん、重大な過失があった場合、懲戒免職などによって解雇されることはありますが。

そんな例外を除いては、公務員のクビはあり得ないことなのか…気になったので考察してみました。

能力不足でリストラは?

民間企業ではありそうな話ですよね。
でも「仕事ができない」という理由での解雇は基本的には認められません。

なぜなら、研修や部署異動などによって対応でき、最終的には「会社のサポート不足」が原因であると見なされるからです。

これは公務員も同じこと。
仕事ができないのは組織のせいだと言えるため、能力不足を理由としたリストラはできません。

財政危機でリストラは?

日本は「借金大国」です。
多くが国民からの借金とは言えども、財政再建が急がれています。
もしも、将来的に海外への借金が膨らんでいったとすればどうでしょうか。

財政危機を経験したギリシャを例に考えてみましょう。
ギリシャに対しEUが支援をした際に「公務員の削減」が条件にありました。そもそもギリシャは、公務員の多い国として有名で、人口の10%、労働人口でいえば25%を公務員が占めていたそうです。

条件であった公務員の削減はどうなったのかというと、大規模ストライキが起こり、解決には至らず。財政危機でも、公務員のリストラはないと言えそうです。

おわりに

結論、公務員にはリストラはないと言えそうです。

ギリシャほどではないにしても、日本全国には多くの公務員がいて労働組合も強いですから、組織の力で反発もできそうかな、なんて思っています。

とは言え、給与や待遇面での削減はすでに起こっています。

身分に甘えず、将来を考えて対応していきたいものですね。