【テクニカル基礎】ローソク足とは何か?

トレード知識

ローソク足って知っていますか?
投資経験がある人なら、知っている人も多いでしょう。

では、質問を変えます。

ローソク足チャートの使い方を理解していますか?

「え、よくわからない…」

大丈夫、そういう人がほどんどです。

この記事では、ローソク足の読み方を解説していきますね。

ローソク足とは?

図のラインチャート(左)をローソク型で表わしたものを、ローソク足と言います。

日本が発祥とされ、ローソクの形にそっくりであることから、その名が付けられました。海外でもよく知られています。

1年、1ヶ月、1週間、1日、1時間、1分などの期間で区切られます。

・開始時の価格を「始値」
・終了時の価格を「終値」
・最高値を「高値」
・最安値を「安値」
この4本値を使用します。

こうしてローソクの形になったときに現れるのが「上ヒゲ」「下ヒゲ」「実体」

ローソク足を連続させたものが、ローソク足チャート。

上昇のローソク足を「陽線」、下落のローソク足を「陰線」と呼びます。

色んな形、長さがありますよね。それぞれの形状は、相場の先行きを予測するのに役立つんですよ。

ローソク足の見方

ローソク足の形状を見ることで、相場の強さや転換点を予測することができます。

【陽線(上昇)の場合】

  • 実体が長い→強い上昇力を示唆
  • 実体が短い→小休止(迷い)を示唆
  • 実体がない→相場の転換を示唆
  • 上ヒゲが長い→上昇継続か転換を示唆
  • 下ヒゲが長い→上昇継続か転換を示唆

実体が長いのは、上昇に迷いがないことの表れです。次のローソク足も陽線となる可能性大!

実体が短いのは上昇に迷いがでたサイン。特に実体がない場合は、始値と終値が同値のため、上昇圧力と下落圧力が拮抗しています。次は下落するかも…?

ヒゲが長いのは、一時的に下落圧力に押されたものの、上昇が打ち勝ったサイン。大きな陽線ほどの強さはないため要注意です。

ローソク足の組み合わせ

一本のローソク足でも、上昇継続や転換を予測するのに役立ちますが、複数のローソク足と組み合わせると、その精度は高くなります。

この組み合わせは様々なパターンがありますが、その一部を紹介しますね。

まずは、上昇継続のパターンから。

【陽線→複数の陰線→その複数の陰線を覆う大陽線】
価格調整のための下落だったことを意味し、再度上昇へ向かいます。

【陽線+前終値から離れた始値の陽線】
前のローソク足の終値と、次のローソク足の始値は同値であるのが通常ですが、上昇が非常に強い時には離れて形成されます。

次に、上昇から下落へ転換するパターン。

【下ヒゲ陽線+大陰線】
下ヒゲ陽線は一時的な下落圧力に打ち勝ったサインですが、次に大陰線が出現した場合は、とうとう下落圧力に負けてしまったことを示します。

【上ヒゲ陰線+大陰線】
これは典型的な下落のサイン。上昇圧力が失われ、強い下落に向かいます。

最後に

ローソク足はシンプルな形状なのに、とても多くの情報が詰まっています。

FXや株式投資、商品先物など、幅広いマーケットに使われていますから、これを読み解くことができれば、投資の世界がグッと広がりますよ!

また、他のテクニカル指標(インジケーターなど)との組み合わせも有効です。

取引をはじめる前に、しっかりと習得しておきましょう。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
この記事がみなさまの役に立てば嬉しいです。