【正しく使える?】トレンドラインの活用方法

トレード知識

トレンドラインって何?というお話です。

 

値動きには上昇トレンド、下降トレンド、レンジがありますが、その方向転換点を見極めるのに役立ちます!

とても簡単ではありますが、自分で判断してラインを引くことが必要なため、正しい知識を身に付けなければなりません。初心者に多いのが「無理やりラインを引く」ということ。これを間違えると上昇トレンド中に売ってしまったり、早く利益確定してしまったりと、相場とかみ合わないトレードに繋がります。

そんなことにならないように、トレンドラインの引き方活用の仕方を理解していきましょう!

トレンドラインとは?

現在のトレンドの方向や、転換を見極めるためのラインです。

チャートをパッと見たときに、「上がっているな」と思うことがありますよね?
その上昇トレンド(下降トレンドも同様)がどこで転換して始まったのか、どこで終了するのかなどを分析するツールです。

注意点としてはトレンドラインは、あくまでも自分で判断をして引くラインです。間違えたら修正する必要があるんです。

トレンドラインの正しい引き方

こんなチャートがあったとします。
ラインを引くことによって、トレンドを可視化したいです。
あなたならどこにラインを引きますか?

トレンドラインを引くコツは次のとおりです。

【3つのコツ】
1.大きな値動きから確認

小さな値動きはとても読みにくく、トレンドもあっという間に転換してしまいます。2.天井と底がすべて入るか、たくさん接点があるかを確認
トレンドとして「意識されているライン」が重要です。

3.わからなければ諦める

これ、結構重要。無理やり引いたラインは間違った相場観の原因になります。そもそもトレンドラインが有効ではない相場なのかもしれません。

これを参考にすると、こんな感じにトレンドラインが引けます。
長期トレンドラインは天井と底を結んでください。一番わかりやすいと思います。
中期トレンドラインは、長期トレンドよりも少し細かい天井と底を結びます。
短期はもっと細かいですね。短期トレンドはすぐに崩れるため、わからなければ無理に引く必要はありません

トレンドラインを活用した売買方法

トレンドラインを活用した売買ポイントの判断方法は、とてもシンプルです!

長期トレンドラインに沿って売買するのが原則です。

長期トレンドが上昇トレンド中であれば
➀長期トレンドラインの底値で買う
②長期トレンド内の中期トレンドラインの底で買う
③逆向き短期トレンドが崩れたら買う
この3点が売買ポイントです。

長期トレンドに対する逆張りは難易度が高いので、不慣れなうちは順張りにターゲットを絞りましょう。

最後に

トレンドラインはとても簡単です。
誰にでも引けてしまいます。

しかし、だからこそ無理にラインも引けてしまうので、間違えやすいのも特徴です。

そんなときは、別のインジケーターや理論と組み合わせて活用してみましょう。
きっと、有効なライン引きができるはずです。

あなたのトレードがより良いものになりますように!